まいけるん家

まいけるん家の愉快な日々

妊娠31週で前駆陣痛スタート? 前駆陣痛から出産までの体験談と出産&入院準備・リピート買いしたおすすめの産褥ショーツ

前駆陣痛スタート??

 妊娠30w5dの土曜日の夜、お腹が張るのでソファに座っていました。

 

晩御飯はナチョスにしようって話していて、キッチンでは旦那くんが美味しいナチョスを調理してくれてました('ω')♡ なんて優しい旦那くん(:_;)♡

 

 

いつもは座れば治まるお腹の張りがランダムにやってくる。

 

一応陣痛の間隔をはかれるアプリをとっておこうと思ってダウンロード。

 

 

座ってジっとしててもお腹が張ったり治まったり。

 

一応アプリで間隔でもはかってみるかと計り始めると、3分おきに規則的な張り。

 

 

その張りが結構強くて、若干不安になってくる私。

 

この時点で既に40分くらい続いていました。

 

 

きっちり3分で来るのはおかしいけど

以前の出産前も5分おきの規則的な前駆陣痛などが出産の1か月前からスタートしてたしなぁと思いながら。

 

でもまだ30wなので、これは前駆陣痛のようなもので問題ないんだとわかっていながらも、一応病院に電話してみました。

 

前駆陣痛にしても早いし、念のため見とこうかってことで病院へ。

 

病院に着く頃は規則的ではなくなっていて、エコーや子宮頸管の長さも大丈夫ということで一安心。

 

夜に連れてってくれた旦那くんと、付き合ってくれた息子くんに感謝。

 

 

お家に帰って旦那くんの特製ナチョスをモグモグ('ω')

f:id:william-s:20180425111448j:plain

おいちかった♡

 

そういえば3日前の夜中も寝ていたらお腹の強い張り、ギューーーっとなる感じで2回目が覚めました。

 

どうやら前駆陣痛が始まってるみたい。

 

今回の妊娠はお腹の張りが多くて、早産とか心配しちゃうけど、前駆陣痛が早くからあった方でも、正期産の方もいっぱいいらっしゃるようですね!!

 

正期産とは

妊娠37w0d~41w6dまでの間の出産を正期産と呼びます。

37wには赤ちゃんの体はカラダも臓器も発育しており、いつ産まれても大丈夫な状態となっています。

 

 

前駆陣痛でも人によっては規則的な痛みや張りの場合もあるし本陣痛が不規則だったなんて話も聞くし、一概には言えないからこそ、少しでも心配であればお医者さんにみてもらうのが一番だと思います。

 

前回の妊娠での前駆陣痛から出産まで

 

前々回の出産は深夜から前駆陣痛が始まり、翌朝おしるしを確認。

夜になって本陣痛が始まって病院へ。

診察を受けて“まだ子宮口はまだ3センチ、初産だから明日の昼までかかる”と言われて

初の出産で何も分からない私は“明日の昼か~。じゃこの痛みはまだレベル1程度で出産ってもっと痛いってことか”と思っていました。

 

でもなんかほんと出ちゃいそうなんだけど大丈夫?なに?大丈夫?って思っててなんかさらに出血してる感もあるし痛みもすごいし一応助産師さんに聞いてみたら

 “まだまだかかるよー早くても明日の昼だからー”とか言いつつちょっと面倒くさそうに子宮口の確認をする看護婦さん。

 

固まって一言、“全開。。”

 

そう、私の子宮口は既に全開だったのです。

私の感じてた痛みは既にマックスなレベルだったわけ。

 

なのにまだレベル1程度なんだ、耐えたまえ自分って言い聞かせてたっていう。

 

助産師さんも大慌てで準備を開始。もう出るーってなったとこでやっと先生到着。

その時体の中で風船が勢いよく膨らんで破裂した感覚が。

体の中でバーンって音も鳴り響くくらい激しく破水。

 そっからすぐ産まれました 。

 

次の妊娠ではちょうど出産予定日の1か月前の夜、横になっていたら6分間隔の強い張りがあったけど、30分続いて遠のきました。

 

その日を境に前駆陣痛が始まりました。

規則的な間隔だったりバラバラだったり。

長くても1時間、基本的には30分前後で遠のいていました

 

出産の前の晩からお腹が痛いなぁって思っていたけど、なんか変って程度のレベルで、睡眠もとれました。

 

朝早めに目が覚めて、やっぱりなんか変な気がするって感じ。

痛いけどやばいほどではない..けど直感で今日産まれるってわかってるっていう不思議な感覚。

 

とりあえず銀行いこっかなーなんて着替えたりしてたら

痛みは5分おきに

 

前駆だったらアレだしなぁなんて思いながら

本陣痛かもって旦那さんに連絡。

 

すぐ行くっていってくれて駅の近くのコンビニまで運転して旦那さんが到着するのを待っていました。病院にも連絡して痛みに耐えーる('ω')

 

50分後くらいに旦那さん到着してすぐ病院に車を走らせてもらいました。

今回は総合病院ではなく個人病院でしたが昔から有名で人気な病院での出産でした。

 

到着時すでに3分おき。

すぐ診察室に通されて子宮口のチェック。

 

“わぁもう8㎝開いてるわ”と先生。

 

看護婦さん:“どうする?体力も必要だしなんか飲んだり食べたりしてもらおうか?”

先生:“いや~もう無理でしょう、痛みでそんな余裕はないよ、すぐ産まれるかも”

なんてやり取りがカーテン越しに聞こえてました。

 

すぐに着替えよう、旦那さん着替えさせてあげて!といわれて、旦那さんに手伝ってもらいながら産褥ショーツと病院のローブみたいなのに着替えて速攻分娩台へ。

 

分娩台にあがってからパスッと破水。

前回に比べるとあっけない破水でした。

 

もういつ出てもおかしくないとゆわれてたのだけど、赤ちゃんの呼吸が陣痛の波が来るたびに低下....

 

 

ともかく呼吸をしっかりして酸素を赤ちゃんに送ろうと言われ呼吸に集中。

 

 

旦那さんは隣で終始サポートしてくれて。

頑張れたのも、ほんとに旦那さんのおかげ。(:_;)

 

 

どうやら赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていたらしくて陣痛のたびそれが強く絞まって、あかちゃんの心拍が弱まっているとのこと..

 

たた陣痛の波が引くと赤ちゃんは心拍を強く戻してくるので、その力を信じてこのまま自然分娩で、この赤ちゃんのタイミングに任せようと言われました。

 

“赤ちゃんはいつでもでれる場所にいるんだけど、へその緒のせいで躊躇してる。

けど、自分がいけるって思ったタイミングで出てくるはずだから”と言われました。

 

ともかく無駄な力を入れず、しっかり呼吸して全部を自然に任せました。

 

先生もきて、いきむ時はここをこうやって持つと力がしっかりお腹に入るよと言われいきむ時にやってみると、ほんとに全然力の入り具合が違いました。

 

数回いきんで無事午後イチにうまれ、やはり首には2重にへその緒が巻き付いていたと聞かされました。

 

無事に産まれてきた私たちの赤ちゃんは2530gと小さめでしたが、力強く産声を上げてくれてホントにホッとした(:_;)

旦那さんのサポートも赤ちゃんの生命力もとっても感じれた思い出深い出産になりました。

 

 

 

陣痛の予兆

 

長男は予定日に誕生。

予定日の数日前お腹にむかって“いつ産まれる?15日?16日?”とか質問していました。

 

かならず毎回20日?っと聞いたときに激しく蹴るので、20日ね、なんて思っていたら実際20日に産まれました。

 

次男の時は38wに入った日に産まれました。

産まれる前日の夜、洗面所で鏡に映る大きなお腹眺めてたらそろそろ出たいって言ってる気がしました。

夜寝る前、予定日よりかは2週間早いけど37週は過ぎたしもういいよ、出たいとき出てねって伝えて眠ったら、次の日の昼には産まれてました。

 

母親の勘というか、赤ちゃんとの繋がりというか、なにかしらあるんだろうなぁって思います。

 

 出産の形は毎回違って、いつなにが起こるかはわからないもの。

 

今回はどんなお産になるかな('ω')ドキドキ

 

そろそろ入院の荷物をパッキングしとかなきゃ。

 

出産/入院準備といえば産褥ショーツ。私のリピート買いした産褥ショーツ

初めての出産時はなにも分らずちょっとお高めのもの2枚用意しましたが産褥ショーツは出産時と産後数日しか使用しないため、安くて枚数がある方がいいと思います。

 

前回も今回も同じ産褥ショーツ買いました。

 

3枚セットでこのお値段。

カラーやパターンもが選べるよ♪

   ↓

  ↑

前回はのモノトーンを選んで、今回はにしました('ω')

送料無料だったのでコチラのショップで購入したよ。

 

産後は出血が多いので3枚くらい用意しておくと安心だと思います(^^♪